親元を離れて一人暮らしをスタートする学生もいることでしょう。様々な選択肢の住居がありますが、学生マンションや家具家電付き賃貸マンションがおすすめですか。

私が住んで良かった賃貸マンション!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

一人暮らしをスタートする学生には

厳しく辛い受験戦争を乗り越えて大学進学が決まった学生の中には、親元を離れて一人暮らしをスタートする方もいることでしょう。
はじめての一人暮らしということで不安や心配も多いことでしょうし、その一方で新生活に夢を持っていることでしょう。
ただ一人暮らしを始めるためには、まずは住む場所を探さなくてはなりません。
選択肢としては、学生寮・学生会館・学生マンション・一般賃貸物件・下宿など様々ありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
また、何を選択するかによって必要となる費用にも大きな差がでてくるので、様々な面で検討し計画を立てる必要があるでしょう。
ただ、せっかくの一人暮らしなので自由なライフスタイルを希望するという学生が多いようで、一般アパートやマンションといった賃貸物件や学生マンションが人気になっています。
特に、入居者が学生のみという学生マンションが人気になっています。
一般の賃貸物件では社会人や家族世帯など様々な人が、それぞれのライフスタイルで暮らしているため生活リズムに違いがあって気を使うことも多いです。
しかし学生マンションなら、同世代の学生だけなので生活リズムも似ていて、他の住居と比較して気楽といえます。
また、共通の話題や趣味などで話も弾み友人がたくさんできる可能性もあります。
そのような点が人気となっている理由といえるでしょう。
あと、門限が無い・キッチンで自炊も可能・エアコンや防犯システムが充実など、快適に過ごすことができる部屋という点も人気の理由でしょう。
さらに、基本的にはお風呂・トイレ・キッチン・収納・エアコンが設置されているのですが、最近は家具家電付というのも多くなっているのです。
このように、様々な面で学生の一人暮らしを考慮している点が人気の秘密といえるでしょう。
一方の一般の賃貸物件を選択するのなら、「家具家電付き賃貸マンション」がおすすめです。
その理由は、生活に必要な家具・家電が備えられているので、買い揃える必要がなく費用が節約できるからです。
また、入学する時の入居時も卒業する時の退去時も、引越しの手間と費用を大きく削減できるのです。
特に入居時は、入学費用などを含めて親に経済的な負担をかけてしまいます。
さらに必要な家具や家電を買い揃えることや引越しの費用などで負担をかけてしまうことは避けたいものです。
ですから一般の賃貸物件を選択するのなら、初期費用を削減できる「家具家電付き賃貸マンション」にして、親の負担を軽減するようにしましょう。

関連情報