単身赴任が決まったら生活費や住まいを考えなくてはなりません。その際、家具家電付き賃貸マンションという選択肢があって費用の節約などに役立つでしょう。

私が住んで良かった賃貸マンション!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

単身赴任が決まったら

単身赴任をすることになった場合には、単身赴任における生活費をまず考えなくてはなりません。
ただ一概に単身赴任における生活費といっても、会社での立場やライフスタイルで大きく違ってくるので断定することは難しいですが、一般的に1ヶ月の生活費は12〜14万円程度といわれています。
家族と別居生活になるため、今までの生活費が1.5〜2倍近くになってしまうといわれていますし、子供さんがいる世帯では教育費の負担も大きいので大変です。
ですから、できる限り節約生活を心がける必要があるでしょう。
次に考えなくてはならないのは単身赴任先での住まいの問題です。
一般的に家賃は会社が負担するケースが多いので、希望する条件に合った賃貸マンションを借りれば良いと考える方も多いことでしょう。
しかし、生活するためには家具や家電などが必要になるのです。
今まで使用していたものを使うとなれば引越し荷物も増えてしまうので、金銭的にも労力的にも負担が大きくなってしまいます。
また、家族で使用しているものを持っていくわけにはいかないので、どうしても買い揃えることになるでしょう。
しかも単身赴任期間が終われば、不要になってしまうことも考えられ、その際の処分費用を考えるともったいないと感じてしまうことでしょう。
いくら料理をあまりしないからといっても、電子レンジや冷蔵庫などは必要になります。
仕事が忙しくて部屋にいることが少ないといっても、テレビやエアコン(扇風機)などは必要でしょうし、インターネット環境も必要というケースもあるでしょう。
その他、テーブルやタンスなどの家具類も必要と考えると、大きな出費になることが予想できます。
節約生活を心がける必要がある状態で、初期費用が多くかかってしまうようでは困ってしまうでしょう。
そこで「家具家電付き賃貸マンション」という選択肢を検討してみるのはどうでしょう。
生活に必要な家具や家電が揃っているので、引越しをしたその日から快適な生活がスタートすることが可能です。
しかも新しく買い揃える必要がないので費用の節約になりますし、処分する必要もないので手間や費用がかかりません。
このように初期費用を大幅に削減できると、今後の節約生活にも多少の余裕が生まれるかもしれません。
あと「家具家電付き賃貸マンション」は、そのほとんどが単身者向けなので会社の寮や下宿先では落ち着いて仕事ができないという方にも最適でしょう。
費用の節約や落ち着いた環境を望むのなら、「家具家電付き賃貸マンション」を検討してみると良いでしょう。

関連情報