単身赴任が決まって賃貸物件を探す際に、一般賃貸か家具家電付きか迷うこともあるでしょう。そのような場合は、それぞれのメリット・デメリットを理解して検討することが大切です。

私が住んで良かった賃貸マンション!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

一般賃貸か?家具家電付きか?

急遽、単身赴任が決まってしまい赴任先で賃貸物件を探す必要になった場合、いろいろなことで迷ってしまうことも多いことでしょう。
しかし、そんな時こそ落ち着いて問題を解決していくことが大切かもしれません。
まず考えなくてはならないのが、賃貸を借りる時には敷金・礼金・家賃・仲介手数料など初期費用として大きな金額が必要になるということです。
また、引越しにかかる費用や家具・家電を買い揃えるためにも大きな金額が必要になります。
このように多額の費用が必要になってしまうことを考慮して、何とか初期段階の費用を抑えられるようにすることが大切です。
あと地域によりますが、単身向けワンルームマンションの物件数が減少しているといわれています。
そこで、赴任先住居の選択肢として「家具家電付き賃貸マンション」をプラスしてみるのも良いのではないでしょうか?
家具家電付き賃貸マンションなら、敷金・礼金が不要という物件が多いので初期費用を抑えることができます。
また、生活に必要な家具や家電が揃っているので、新しく買い揃える必要がなく、その点でも費用の節約になります。
さらに、赴任先で買い揃えるとした場合には、仕事もあるので買い揃えるのに苦労してしまう可能性がありますし、揃うまでに不便なことも考えられます。
そのため赴任する前に買い揃えるとなれば、引越し荷物が増えてしまい費用が高くなってしまいます。
あと、新しく買い揃える家具・家電に関しては、赴任期間が終了した場合に不要となる可能性があるので、その際の処分費用も考えると大きな節約になるでしょう。
このように「家具家電付き賃貸マンション」にすることで、一般賃貸マンションを借りるより初期費用を抑えることが可能になるのです。
それから「家具家電付き賃貸マンション」は、ほとんどが単身者向けの物件になっているので、単身赴任するには最適といえるでしょう。
ただし、一般賃貸マンションを借りるにしても、家具家電付き賃貸マンションを借りるにしても、それぞれでメリットとデメリットがあります。
ですから、どちらを選択するかは両方のメリット・デメリットを理解して検討することが大切です。
また、どのようなライフスタイルになるかによっても違いますし、どのような考え方かによっても違ってくるので、しっかりと考えて後悔しないようにしましょう。
いずれを選択したとしても、単身赴任ライフを快適に満喫できるようにしましょう。
そうすれば仕事に対する活力も生まれてくるかもしれません。

関連情報