家具家電付き賃貸マンションが、個人や企業でニーズが高くなってきています。その理由といえるおすすめポイントを知っておくと検討するのに役立つかも知れません。

私が住んで良かった賃貸マンション!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

個人にも企業にもおすすめな理由

個人でも企業でもニーズが高くなってきているのが「家具家電付き賃貸マンション」で、その理由はおすすめポイントがいくつかあるからです。
おすすめポイントの1つ目は「エコな賃貸マンション」という点です。
ひとり暮らしをスタートさせるためには、当然ですが家具や家電が必要で、新しく買い揃えるためにはお金がかかります。
しかし、結婚したり親元に戻ったり、単身赴任が終わり家族と暮らすようになったりしたら、ひとり暮らしの時に使用していた家具や家電は使えなくなることが多いです。
そうなると処分することになり費用も手間もかかります。
その点「家具家電付き」なら家具や家電を捨てる必要がないので、お金にも環境にも「エコ」といえるのです。
2つ目は「気軽に引越しが可能」という点です。
時と共にライフスタイルも変化して、それに併せて住環境を変える必要も生まれてきます。
しかし、引越しをするためには家具の移動や食器類をまとめるなど、かなり重労働の作業が必ず発生します。
また、いくら荷物が少ないにしても引越し費用もバカにはならないのです。
その点「家具家電付き」なら入居時・退去時の引越し作業が簡単に行えますし、引越し費用の削減もできます。
極端ないいかたかもしれませんが、トランクひとつで自分一人が引越すだけで新生活をスタートすることもできるのです。
3つ目は「寮や社宅としての活用が可能」という点です。
企業が社宅や寮を自社で保有するためには、管理するための労力も必要になりますし、様々なコストが必要になってきます。
そのため企業が従業員のために家具家電付き賃貸物件借り上げするというニーズが高くなってきているのです。
また従業員にとっても移動のたびに家具や家電を買い揃えることや、持ち運ぶという経済的な負担や手間がないので、経済的にも肉体的にも負担が軽減されると歓迎されるのです。
さらに期間にもよりますが、長期出張でビジネスホテルを利用するのと比較するとコスト削減が見込めるという試算もあるようです。
このように様々な面でコスト削減が可能なので、企業としては検討する価値は十分にあるといえるかもしれません。
あと提供する業者にもよりますが、家事代行サービスや公共料金・定額家賃組み込みサービスをオプションとして用意しているところもあります。
従業員の寮や社宅の代わりとして、家具家電付き賃貸マンションはおすすめといえます。
これで個人でも企業でもニーズが高くなってきている理由が理解できることでしょう。
ただ、ライフスタイルなどによって違いがあるので、しっかりと検討することが大切です。

関連情報