マンスリーマンションと通常の賃貸マンションの良いところだけを合わせた感じの「ワンイヤーマンション」といのがあります。どのような方が利用すると良いのか知っておくと役立つかも

私が住んで良かった賃貸マンション!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

「ワンイヤーマンション」という選択肢

敷金・礼金なしで家具・家電が揃っているマンスリーマンションは安くて便利だけど、契約期間が短くて1年間など長く住むと割高になってしまいます。
また、通常の賃貸マンションは契約期間が長いですが、家具・家電が付いていなくて、しかも敷金・礼金・仲介手数料が必要になります。
しかし、1年単位で部屋を借りられる「ワンイヤーマンション」なら、契約期間もちょうど良くて、家具・家電付きで、しかも敷金・礼金・仲介手数料が不要です。
マンスリーマンションと通常の賃貸マンションの良いところだけを合わせた感じなので、利用者に嬉しい物件といえるでしょう。
家具家電付きワンイヤーマンションは、大学キャンパスの場所に合わせて利用したいと考える方におすすめです。
大学によってはキャンパスが数ヵ所あって、学年によって1〜2年で変更になる場合があって、通学するために引越しをしなくてはならないということもあります。
しかしワンイヤーマンションなら、敷金・礼金・仲介手数料が不要ですし、生活に必要な家具・家電が揃っているので引越しが手軽です。
このように初期費用が不要な物件なら、キャンパスの移動がある大学でも経済的にも労力的にも負担を大きく削減することが可能です。
あと、卒業する時も家具・家電の処分が不要なので、その手間と費用を省くことができます。
社宅や社員寮として利用したいと考える場合にもおすすめです。
企業が社宅や社員寮を自社で所有する場合、その維持・管理に多額の費用が必要になります。
また、社宅や社員寮として一般の賃貸マンションを利用するとなれば、部屋探しから契約手続き、入居後のクレーム対応や退去時の清算など、様々な業務が発生して大変な手間と時間を取られます。
それから、敷金・礼金・仲介手数料といった初期費用の負担も必要になります。
しかしワンイヤーマンションなら、必要な時に必要な期間だけ、必要な部屋数を契約できますし、様々なコストも大幅に削減することが可能になります。
ワンイヤーマンションは単身赴任者の強い味方にもなってくれます。
単身赴任は急に決まることが多く、赴任先の住居を時間をかけてゆっくり探すことが困難というのが現状です。
また、新たに家具や家電など生活に必要なものを揃えないと生活をスタートすることもできません。
しかしワンイヤーマンションなら面倒な手続きが不要で、家具・家電が揃っているので、入居と同時に単身赴任生活をスタートさせることが可能です。
このようにワンイヤーマンションを上手に活用することは、賃貸を賢く利用するひとつの方法といえるかもしれません。

関連情報